English España France 中文 日本 Россия 韩国
Email

MS®限外ろ過(UF)膜

Ultrafiltration membrane

製品紹介

限外ろ過膜(UF)技術は物理的なろ過原理による先進的な膜分離技術として、都市廃水と他の工業分野において幅広く応用しています。
UFは圧力駆動の膜分離プロセスで、多孔質材料として水から不溶性あるいは可溶性物質を分離する除去能力を持っています。0.01~0.1μm程度のろ過孔径を有しており、ほとんどの粒子、固体、コロイド、錆、沈殿物、ウイルス、細菌と高分子などを除去します。室温でそのろ過プロセスを行い、相転移と再汚染が発生しません。

Ultrafiltration membrane

弊社製の限界ろ過(UF)膜材はPVDF(ポリフッ化ビニリデン)、PES(ポリエーテルサルフォンと強化されたPVDF その3種類があります。中空糸型UF膜はその中のPVDF/PES膜材を採用し、滑らかな表面、洗浄のしやすさ、低ファウリングと省エネなどの特長を持っています。

UF膜システムは最小限の操作コストと人件費でエネルギーを保護します。ハイコンセントレートを保持する能力は多様な産業のため処理費用を最小化します。水を節約するには、限外ろ過膜システムを用いた循環水はゼロ排出能力を得られます。従来のシステムと比較して、初期設定費用の低下と前処理化学薬品の最小限が必要になります。

応用

  • 廃水処理
  • 製薬
  • 食品と飲料
  • 飲用水
  • パルプと紙
  • 都市下水処理
  • 都市廃水処理
  • 化学溶剤
  • 砂糖と澱粉
  • 飲料水
  • 水回収